水道工事・水道修理・水回りのリフォームなら横浜のライフライン泉美。安心できる“水回りのホームドクター”としてあらゆる現場に対応します。

ライフライン泉美

お見積り・ご相談はこちら FAXお見積書ダウンロード

施工事例詳細

水道工事
水まわりのリフォーム
メンテナンス
その他
メニュー
専門業者の良し悪し、どこで見分ければいい?  ※ リフォーム編
溢れるほどの情報の中で、自分にあったリフォーム業者を見つけるのは大変ですよね? 
大手企業から地元の工務店まで千差万別、特に大掛かりなリフォームとなると業者選びも慎重になるはず。  価格の差だけでは決められないのも実状だと思います。  ではどのような視点で判断すれば良いのでしょうか。 タイプ別に分けてみましたので参考にしてみてください。

○住宅メーカーやゼネコンなどの大手企業…
間違いなくなんでも安心してニーズに応えてくれます。
担当者が複数人になった場合、情報の統一化に不十分なケースが稀にあります。
工事内容により下請けだけでなく、孫請け、ひ孫請けとマージンがかさんでしまう場合がありますね。

○地元の工務店や大工さん…
地元だけにフットワークが軽く、もともとの仕事が住宅建築ですから、家の増改築や構造にかかわることなら大得意。  大手に比べれば大規模な工事は苦手でも「住宅の節目となる重要リフォーム」に応えられるだけの力はあります。 中には、工事の内容により関連業者を下請けとして呼んで工事をするので割高になる場合がありますね。
さらに大工といっても「宮大工」「町大工」「2×4大工」「プレハブ大工」「造作大工」「型枠大工」といますので、構造や作業内容で依頼先が変わります。
      
○電力会社・ガス会社系列…
オール電化やガス機器まわりの専門分野をメインにリフォームしたい場合はオススメです。 
但し、建築系業者にお得意様が多いので、一般顧客にとっては「専門分野だから安い」とはかぎりません。

○内装・塗装会社系列…
こちらも壁紙や塗り直しといった専門分野のリフォームであれば大得意。
しかし、この手の業者は構造関連には詳しくありませんので、増改築などには不向きといえます。 そして、建築系業者にお得意様が多いので、一般顧客にとっては「専門分野だから安い」とはかぎりません。
 
○不動産系列…
自ら新築を建てているところならまだ良いのですが、物件の売買・賃貸を主に扱っているところは、物件のことは詳しくても建物や構造については詳しくないところが多いです。  稀に、管理といっても工事は下請けに出して、現場の把握が出来ておらず、施工内容は業者に任せっきりという会社もあります。   なので、工事は主に下請けに出す場合が多いので、マージンがかさみます。

○住宅設備メーカー系列…  
電気・ガス会社と似て専門分野をメインにリフォームしたい場合はオススメです。
家全体というよりも水回りなどの設備機器の工事ができます。
こちらもやはり、建築系業者にお得意様が多いので、一般顧客にとっては「専門分野だから安い」とはかぎりません。
     
○ホームセンター系列…
小規模の工事(エアコン取り付け、器具の交換など)であれば比較的安くすませられますが、構造が関わるようなリフォームは外部業者とのタイアップなのでマージンがかさみがちです。
大小問わず修理からリフォームまで気軽に依頼できる窓口がある点は良いですが、ほとんどは外部業者を下請けにしている場合があるので、年数が経ってしまうと施工業者が入れ替わっている場合、工事内容の履歴があやふやになり、満足いく保証が受けられないケースがあります。 その他に、故障やトラブルがあった場合はホームセンターでは取り次いでもらえないケースがあります。

弊社は上記のどれにも所属していません、水まわりの改修・修理・交換・調査・リフォームを専門的に扱っている水道工事・設備工事のお店です。    

依頼する側は、自分の希望を業者に正確に伝えることが大切です。 お互いの認識にズレていないかよく確認しましょう、後から「てっきりこうしてくれると思っていたのに…」という言い訳は後の祭りです。
考えうる限り詳しく検討して、やりたいことを正確に伝えてください、パンフレットやカタログを見ながらでも良いと思います。 もちろん、過去に経験がなかったり、その分野に詳しくなかったりすれば難しいかもしれませんが、そこは弊社がお手伝いします。 
それでも、できる限りのことを下調べして、希望を正確に伝えましょう。
ましてや、“よくわからないからお任せします。”というのは業者の手のひらで転がされるようなものです、そんな転がすような業者は下記の「業者を選ぶ際に用心する事」 に出てくるような業者だと思いますが…
あと、時間を作ってぜひモデルルームやメーカーのショールームなどに足を運んでみてください。
弊社はそのような場所にいつでも同行して、商品を選ぶポイントをご説明いたします。

わからなければなんでも聞いてください、優良な業者ほど見積り作成をする前の打ち合わせに時間を割いてくれます。 何時間でも納得するまで…   

はじめにざっと簡単に傾向別で書きましたが、上記をふまえて“私が個人的に思う業者を選ぶ際に用心すること”を並べてみました。
 “オススメ”はお店ごとのウリがある分ここに載せるのはキリがないので、あえて“用心する方”に言及しました、ちょっとでも参考になればと思います。

業者を選ぶ際に用心する事
   ・ リフォーム専門業者には用心しましょう。
   ・ 業者選びで迷った挙句、営業マンの印象で決めるのはやめましょう。
   ・ キャンペーン価格を多用しているところには用心しましょう。
   ・ 見積りを出す前に予算を聞いてくる業者には用心しましょう。
   ・ 複数の見積りをとった場合、最低価格を入札した業者には用心しましょう。
   ・ 他社よりも安くしようとする業者には用心しましょう。
   ・ 適正価格は自分で判断しチラシやセール価格は避けましょう。
   ・ あまりの多くのことを約束する業者には用心しましょう。
   ・ 質問をしない業者には用心しましょう。
   ・ スピードを売りにしている業者には用心しましょう。
   ・ ホームページにイメージ画像しか載せていない業者は用心しましょう。
   ・ 追加する工事が出た場合、どのようなことが考えられるか、またどれくらいの費用がかかるかについて事前に説明できない業者には用心しましょう。
   ・ 保証は、年数より内容を重視。
   ・ アフターサービスを前面に出す業者には用心しましょう。
   ・ 取扱う機器についてよく理解していない業者には用心しましょう。
   ・ 契約内容は必ず書面にしましょう。(変更があった場合も書面にする)
   ・ 契約をとりたがる、押印を急かす業者には用心しましょう。
   ・ 契約の決め手に値引きをする業者には用心しましょう。 
   ・ 手付金含め代金の前払いは避けましょう。
   ・ 打ち合わせした本人が現場に来ない、本人の代わりに別の業者しか来ないなど、本人以外の人や紹介されていない人が現場に来た場合は、要注意。 たいていの場合、何らかのトラブルが発生します。
   ・ その業者がどんな車に乗っているかチェック、車にお金をかけている業者なら、ぼったくりに遭う確率が高いでしょう。 まじめな実用車に乗っている業者を探してください。

※ これだけたくさんあると業者選びに面倒くさくなるかもしれません、ですが大事な財産であるお家を長く持たせるヒントになれば嬉しいです。
用心する内容で詳しい説明をお聞きになりたい方はお気軽にお問い合わせください。
PageTop

Copyright2012(C)lifeline_izumi. All rights reserved.